賃貸の重要な役割

シェアハウスの家探し

敷金を賃貸で預けておくメリット

敷金は、賃貸借契約の際に預けておくことで大きなメリットがあります。基本的に、契約が終了して部屋を出ていかなくてはならなくなったときには、その部屋を借りる前の状態に戻さなくてはならない義務が生じます。これを原状回復と言います。原状回復における費用は賃借人から支出することになっており、敷金を事前に預けていた場合にはこの敷金から原状回復の費用を負担することが可能です。そのため、賃貸では敷金はとても重要な役割を持っているわけです。

↑PAGE TOP