シェアハウスの相場はいくら

シェアハウスで家探しの相場

家探しの新しい選択肢

家探しでまず気になるのが家賃相場かと思います。立地や築年数、部屋の広さ、部屋の設備など条件により、その相場はピンキリですが、できるかぎり安く押さえたいという方も少なくないのではないでしょうか。最近、家探しの際に選択肢の一つとして考えられるようになったシェアハウスは、個人で契約する賃貸物件と比較すると家賃相場は低い傾向にあり、とくに若い世代の人たちの間で人気が高まりつつあります。では、その家賃相場とはいくらぐらいなのでしょうか。こちらも賃貸物件同様、条件により大きく異なりますが、2万5千〜6万円というのが相場のようです。シェアハウスと一口で言っても、部屋の形態により大きく2つのタイプに分けられます。まずは、一つの部屋を数人でシェアするドミトリータイプ、そして、キッチンや風呂トイレなどの共有部以外は完全にプライバシーが守られる個室タイプです。通常、賃貸物件では、敷金や礼金など初期費用として数10万円が必要になりますが、シェアハウスはそうした費用がなく、賃料の他に支払う費用は、事務手数料やデポジットとして1〜2万円程度のみ、というところが多いようです。シェアハウスは、費用の安さがメリットではあるものの、プライバシーの確保や同居人との相性などデメリットとなりうる点があることにも注意が必要ですが、大勢で賑やかに過ごすのが好き、という人は一度考えて見てもよいかと思います。これから家探しを始めるという方、ぜひシェアハウスも選択肢に入れてみてください。

↑PAGE TOP